ホームページ作成方法のいろいろ

HTMLを一から書く方法は上級者向け

これからホームページを作りたいという場合、まずは作成方法を知っておかなければなりません。では、具体的にどのような方法があるのでしょうか。
まず、もっとも基本的な作り方としてエディタなどを用いてHTMLを一から書いていくという方法があります。HTMLとは、ホームページを作るための専用言語です。タグと呼ばれるもので文字を囲むと、ブラウザ上で大きくしたり、色をつけたり、下線を引いたりといろいろなことができます。さらにCSSというデザインの設定ファイルを組み合わせることで、雑誌のような複雑なレイアウトで文章を見せることも可能になるのです。
HTMLのタグやCSSの仕様を把握していないと一から書くのは難しいので、くわしい人向けの作り方といえるでしょう。

初心者には専用ソフトを使う方法かブログを使う方法がお勧め

次にホームページ作成の専用ソフトを用いるという方法が挙げられます。ソフト上のエディタに文章を入力していき、特定の部分を選択して「文字を大きくする」「下線を引く」といったボタンを押すと、自動的にタグが入るという仕組みです。ブラウザを起動しなくても簡単にレイアウトをチェックできるようになっているので、初心者でも直感的にホームページを作ることができます。
最後の方法はCMSを使うものです。この方法だと、レンタルブログを利用することでデザインが完全にできあがっているサイト上に文章を入力していくだけという作り方が可能です。もちろん、入力した文字の大きさや色を変えるということも簡単にできるようになっているので、ホームページ作成にこだわりがない場合は一番楽な作成方法です。

ホームページ作成の方法は、HTMLタグと呼ばれるホームページなどで使われる特殊な記号を覚える方法と、ホームページ作成ソフトを利用する方法の2種類があります。