伝えるための見せるホームページ作成

タイトル1つで内容を想像させる

ホームページに訪問した人が一番最初にチェックする場所は、トップにある『タイトル』です。このタイトルによってホームページの記事を見るか見ないかが決まるので、興味を引く上に内容が伝わるものにする必要があります。
まず、タイトルはシンプルなものにはせず、1文という感覚で作成すると良いものができます。そして、具体的な要素を組み込むことで、より想像しやすくなり、また、興味を引くことができます。誰に対するホームページになっているのか、読むと何を得ることができるのか、どんな問題や悩みを解決することができるのか、それを一目で分かるような文にしましょう。タイトルは何度も編集することができるので、編集しては反応をチェックし、最も反応が合ったものに固定することで、伝えたいものを伝えられるホームページとなります。

文章の主張をチェックしてもらうための工夫

ホームページの文章を読んでもらうためには、読みやすさと分かりやすさが必要不可欠になります。長文でも読みにくければ無価値になり、分かりにくければ二度と訪問されなくなります。
文章を読みやすくするためには、まず空行と改行を何度も入れ、文章を区切ってしまいましょう。区分化された文章を塊となり、続けて読む感覚から見る感覚へと変わります。これによってストレスが軽減されるため、訪問者は最後まで読んでくれるようになります。
文章を分かりやすくするためには、伝えたい文章や言葉の文字を変更すると良いでしょう。色を変える、文字を大きくする、太くするなどで強調することができるので、訪問者は瞬時に伝えたいことを理解することができます。

ホームページ作成を初心者が独学して行うには、HTML/CSSの勉強をする必要があります。web上で無料で公開されている講座がたくさんあるのでまずはそれを利用してみるのが良いでしょう。