伝えたいことが伝わるホームページの作り方

見やすいことを第一に考える

ホームページを作る場合には、ついデザインにばかりこだわってしまい、ごちゃごちゃした物が出来上がってしまいがちです。特に、始めてホームページを作る場合には、色々な物を試してみたくてごちゃごちゃになり易いのです。本来、ホームページは自分が発信したい情報を載せて多くの人に見てもらう役割があります。ですが、見にくいホームページでは本末転倒と言わざるを得ません。
そこで、いかにスッキリしたホームページデザインにするかが重要です。できるだけ、伝えたいことを絞り、必要な情報だけを載せることが大事です。また、トップページに関しては、何を伝えたいかを明確にすることが大事です。伝えたいことが曖昧ならば、やはり自己満足で終わってしまう可能性があるのです。

文章を書くときの注意点

ホームページを作る以上、文章を書くことが大事になります。文章のうまい下手に関わらず、読みやすいホームページと読みにくいホームページが存在します。読みやすい文章の秘訣は、導入部分があり、結論が述べられて、その理由などがしっかりと書かれていることです。一度文章を書いてみて、また翌日に自分の書いた文章を見て違和感がなければそのままアップするのがいいでしょう。
ホームページの文章を書く場合、日記ではありませんので、読者がいることをしっかり想定して書くことです。読者がそれを見たときに、メリットを感じたら他のページもみてくれるに違いありません。読者が読んだときに、どんなメリットがあるかを考えて書くべきなのです。

主婦の方々が家事の合間にHP制作を行う場合、コンテンツとしてまずは自分の趣味の内容を中心に作ると多くの人に見てもらえるでしょう。